【書籍】テスカトリポカ

書籍

直木賞・山本周五郎賞 W受賞である佐藤究著の「テスカトリポカ」読了。

メキシコ、日本、インドネシアの裏社会を舞台で起こる麻薬・暴力の世界。ちょっとした出来事で裏社会に落ちていく人間模様と、金儲けのために人の命を虫けら同然に扱うマフィアの世界が気質の生活を送っている真横で起きているというストーリーが現実的に感じさせられ、読み終わった後気分が滅入る内容に感じられた。

また、タイトルの「テスカトリポカ」とはアステカ王国で進行されていた強大な神々の一神で、ストリーが進むと同時にテスカトリポカの怖さがじわじわと恐怖心を煽ってくる。

興味があれば一読してみていただければと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました