【必読】天皇の国史

書籍

竹田恒泰著の「天皇の国史」読了

天皇の国史 [ 竹田 恒泰 ]
楽天ブックス
¥ 1,980(2021/07/22 21:01時点)

今までの日本史書との大きな違いは、皇室が軸となって「古事記」から解説されているため、歴史の流れがわかりやすい構成になっている。そのため、皇室の存在意義や男系天皇の重要性が理解でき、恥ずかしながら50をすぎて我が国の歴史が心の底から楽しめ、さらに興味を持てるようになった。

特に明治以降になると、側近の方の日記や詳細な人物像に関する資料も多くあり、天皇が国民に対し、愛情を持たれ、平和を愛し、日々国と国民の繁栄のために祈願されていることが知ることができた。

皇室なくして日本の歴史、アイデンティティは語れないと確信した。

日本人、必読書の書!

コメント

タイトルとURLをコピーしました