罪の轍

書籍
罪の轍 [ 奥田 英朗 ]
楽天ブックス
¥ 1,980(2021/05/18 21:33時点)

奥田英朗著の「罪の轍」読了。昭和38年(1963年)の北海道礼文島にて物語は始まり、ひょうんなことから東京三谷をメインに事件が展開していくストーリ。

不幸な家庭に育ったことで脳に障害をもち、感情をモテずに窃盗をして生活をしていく主人公による犯罪が殺人事件の鍵を握ることに。

警察が犯人を追うが、捕まえられそうで捕まえられないもどかしさと、新たな事件が発生する展開に最後の最後まで読書を裏切らないストーリー構成はさすが奥田英朗ならではであった。

久々に読んでいて楽しめた作品だった!

コメント

タイトルとURLをコピーしました