情報処理安全確保支援士 Part I

資格

国家試験(IPA主催)である「情報処理安全確保支援士」の資格取得を目指して日々勉強してます。

2年前に難易度の低い「情報セキュリティマネジメント」(合格率50%程度)を受験し、合格して、その後ちょっと調子に乗って「次は安全確保支援士を受けてやるっ!」となり、書籍をすぐに買ったもののなかなかやる気がでず、他の資格試験の勉強(WindowsServer2016/GPC/Azure Administrator:全て合格!)をしていたため、今年こそ受けることにし、1月に申し込みを行いました。

この試験、合格率20%程度で難易度の高い試験です。午前と午後に2回ずつ、計4回試験を受ける必要があり、午前のI&IIの正解率が60%に達しないと、午後は受験しても採点してくれないという内容です。ただ、午前は合格圏内に入って、午後失敗した場合、次回は午前試験は免除となります。

ちなみに午前Iの試験問題はこんな感じです。

しかし、残念ながらコロナ禍の影響で試験が中止になったものの、3月後半の時点で過去問やっても合格圏内の60%にすら達していなかったので、中止になったのが不幸中の幸い。

自学での合格を勝ち取るのは難しいため、家内に相談し、iTECの通信講座を申し込んでみました。

分厚い本が5冊とWebでの過去問と動画(午後試験対策)が見られ、模擬試験も受けられると言う内容。書籍に関しては理解しやすく満足できてますが、過去問の量が少ないため、過去問で有名な下記サイトを利用して、午前中のIとII試験向けの対策を行ってます。

ただ、たまに理解できない問題に関しては、Youtubeにある「わくわくスタディワールド」の解説がひじょうにわかりやすく、こちらを利用して、理解に励んでます。

で、今後は午前問題は引き続き過去問をやり、午後対策はまずはiTECの教材を利用し、それでもわからない場合は「わくわくスタディワールド」を利用しようかと思ってます。

ちなみに、6月4日現在が午前のI&IIの過去問の正解率は合格圏内の60%をなんとか超えてますが、目標は80%超えを狙ってますので、まだまだ努力が足りないです。
引き続い勉強の進捗は報告したいと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました